バルベーラ・ダルバ・スーペリオーレ "マリオ・コスタ"

95ルカ・マローニ 2016
クラウンイタリアン・ツーリング・クラブ 2016

10月初旬に手摘みで収穫し、ソフト除梗して醸造します。その後、厳選した酵母を使用してステンレスタンクで温度管理しながら発酵し、15日間果皮浸漬し、頻繁にパンピングオーバーします。まずフレンチオークのバリックで14〜16ヶ月間熟成させ、その後ボトルを寝かせて12ヶ月間熟成させます。例外的なヴィンテージしか作られないため、生産に継続性がなく、生産量も変動します。

52,00

ぶどうの木

バルベーラ種100

生産領域

チャンネル

名称

DOC

高度

280 m a.s.l.

露出度

南~東

土壌

サンディ

ブリーディング

カウンターエスパリエ

剪定(せんてい

ギュイヨ

ボトルフォーマット

75クリップ

テクニカルデータシート バルベーラ・ダルバ・スーペリオーレ ``Mario Costa`` DOC

ワインテイスティング 04

特徴テイスティングノート

Barbera d'Alba Superiore Selezione Mario Costaは、強烈なルビーレッド色をしています。ブラックベリーやラズベリー、タバコの甘い香りが持続するブーケです。フルボディのワインで、フレッシュな柔らかさと丸みが印象的ですが、同時に包み込むような力強さも持ち合わせており、持続性のあるワインです。

ワインと食の旅

Barbera d'Alba Superiore Selezione Mario Costaは、16-18℃でお召し上がりください。 赤身の肉、詰め物をしたパスタ、ジビエ、生ハムと完璧にマッチします。

ワインペアリング 61

バルベーラ・ダルバ・スーペリオーレ"マリオ・コスタ"は、当社のバルベーラ種の最高峰の表現である。鼻にも口にもすぐに伝わる優越感。

そして何より、このワインは保存期間が長く、熟成のポテンシャルが高いのです。
マリオ・コスタは、アルバの町に近いロエロという丘陵地帯で生産されています。熟成されたバルベーラで、時間が経つにつれて、より充実し、よりバランスが良くなります。後味に木の香りがすることもある。

バルベーラはタンニンが強いですが、決して攻撃的ではありません。そのため、比較的温暖な地域で育つにもかかわらず、無駄のないボディと驚くほどの酸を見せるのです。

結論として、当社のバルベーラの長所は、「スペリオーレ」のキーであっても、その並外れた飲みやすさにあることに変わりはありません。このワインは、畜産肉やジビエを使った重要な料理のお供として、またピエモンテの伝統的なオードブルと組み合わせて飲むことができます。例えば、サラミではなくヴィテッロ・トンナート。
つまり、「マリオ・コスタ」のようにフルボディのバルベーラを選べば、トリュフ入りリゾットやジビエ料理、ファッソーナのタルタルとトリュフなど、最も手の込んだ料理とも確実に相性が良いのです。プロシット!